ABOUT US

■設立の目的

日本ミュージックフェスティバル協会は、ミュージックフェスティバルの振興、普及、及びそれに関連する文化の国内外への発信と啓蒙に関する事業を行い、日本のミュージックフェスティバルの発展、アーティストの育成、地域及び地域コミュニティの活性化、自然環境保護に寄与することを目的として設立されました。


■会長挨拶

 野外フェスティバルの起源のひとつと言われているウッドストック・ミュージック&アート・フェスティバルが開催されたのは1969年。ちょうど50年前のことです。日本でも同じ夏に中津川フォークジャンボリーが行われました。

 カウンターカルチャーをバックボーンに抱えたフェスティバルには、音楽(ライブ)を中心に置きながらも、「ピース&ラブ」という言葉に現れている通り、平和や地球環境にも意識を向けた場づくりがなされていたように思います。このフェスティバルが持つ未来志向の文化を日本でも伝えていきたい。これが日本ミュージックフェスティバル協会を設立した根本の思いです。

 週末に開催されることが多いフェスティバル。その数日間の体験を、いかに日常に持ち帰るのか。そして自分の暮らしのなかで紡いでいくのか。時代はバーチャルな方向に向かっているのかもしれませんが、体験することによって、ひとりひとりの心に残るものは大きくなるはずです。その体験を誘う場になればと思っています。

 フェスティバルには喜びが満ちています。楽しさが充満しています。そしてそこには未来が託されているように思います。全国各地でフェスティバルが開催されています。フェスティバルがブームであり過渡期だと口にする人もいます。けれどそうは思いません。小さな町にも夏祭りがあるように、もっともっと日本中にフェスティバルが広がればいい。カテゴライズされた世代やコミュニティのものだけではなく、老若男女が集い楽しめる場になっていけばいい。

 日本のフェスティバルのために、いろんなことをしていきたいと思っています。応援をよろしくお願いします。


菊地 崇

 

■活動内容


(1) ミュージックフェスティバル関連情報の国内外への提供

(2) ミュージックフェスティバルの運営

(3) ミュージックフェスティバル運営のコンサルティング

(4) ミュージックフェスティバル運営資金の提供

(5)アーティストに対する出演機会等の創出

(6)アーティストに対する活動資金の提供

(7)ミュージックフェスティバルを取り巻くコミュニティの育成、拡大に向けた事業

(8)ミュージックフェスティバルに関連する統計データ等の分析

(9)その他目的を達成するために必要な事業

(10) ミュージックフェスティバルに関連する企業に対するマーケティング支援

(11) ミュージックフェスティバル関連商品・サービスの企画、販売、運営。

(13) ホームページへの広告掲載事業


■組織

会長 菊地 崇(DEAL発行人)

副会長 三橋 晃大(事務局長)

副会長 梅田 裕太(事務局次長)

理事 柴田 道文(森波オーガナイザー)

理事 野口 純一(結い市/結いのおとオーガナイザー)

理事 西田 優太(RAINBOW CHILDオーガナイザー)

理事 斎藤 剛志(宇宙大使☆スター/フェスカメラマン)

理事 津田 昌太朗(フェスティバルジャンキー/フェスティバルライフ主宰)

理事 新井田 貴則 (TEAM)

監事 古川 学