イヤーマフ・レンド・プログラム

大人にとっては心地よい音楽も、小さなお子さんにとっては大きく聞こえてうるさく感じてしまう可能性もあります。

特に聴覚の敏感な子供の耳は家族で守ってあげる必要があります。
海外のフェスでは既に一般的となっている聴覚保護の流れです。


日本ミュージックフェスティバル協会では、家族みんなでフェスを楽しんでもらうために

イヤーマフを無料で貸し出すプログラムを行っております。

WHOが騒音に対しての提言を出したのが2018年、長く音楽を楽しむために必要な「耳を休ませること」。
【水足邦雄(防衛医科大学校/医学博士)】

人によって違いはあるのですけど、子どものほうが小さな音まできれいに聞こえています。20代後半から加齢による難聴ははじまっています。ですから10代のときと40代や50代になったときでは、同じように聞こえているわけではないんです。耳のなかにあるカタツムリのような部分、蝸牛(かぎゅう)という部分なんですけど、生まれたときに完成していて、成長することはないんです。鼓膜の大きさも生まれたときに決まってしまう。音を感じる有毛細胞も再生はしない。生涯にわたる騒音の蓄積によって、聞こえは悪くなっていきます。だからこそ小さな頃から大きな音はできるだけ避けたほうがいいんです。

ライブハウスでスピーカーの前に子どもがいる光景を見たことではじまったアジアン・カンフージェネレーションのライブでのイヤーマフの貸し出し。ライブを開かれた場所にするための優しさの武器。
【後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)】
数年前にアジカンでライブハウス・ツアーを行ったんですね。開演前、楽屋にあったモニターにスピーカーの近くにいる子どもが映っていました。これは危険だって直感的に思ったんです。何の防御策も講じずに、ライブハウスに子どもがいるのは危険なんじゃないかって。スタッフが移動してくれないかと話に行ったんですけど「せっかく取ったチケットなので動きたくない」と。それで近くの量販店に探しに行ったんですけれど、イヤーマフは売っていなくてヘッドホンを貸したんです。

子どもが楽しめる場所が用意されているフェスが増えてきています。

【草刈愛美(サカナクション)】

ツアーでは、子ども用イヤーマフの無料貸し出しも行います。耳が気になって検査に行ったことがあるんですね。そのときに、一度悪くなってしまった内耳の細胞は元に戻らないということを教えていただいて。自分の耳だけではなく、お子さんの耳も守っていただけたらと思っています。

日本ミュージックフェスティバル協会が行う当プログラムによって、フェス会場では多くのご家族連れの皆様にご好評をいただいております。これからも多くのフェス会場でこの施策を実施していく予定です。

こちら皆様のご支援で成り立っているプログラムとなりますので、引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。

また当施策での出展を希望されるフェスオーガナイザーの皆様からのご連絡もお待ちしております。